どんなものがあるの?ドレスの種類

定番のプリンセスラインとクラシカルな印象のAライン

結婚式が決まったら、まず楽しみなのがドレス選びです。しかし、ウエディングドレスにも種類がたくさんあって選ぶのに迷ってしまう花嫁さんもたくさんいます。事前にドレスの種類や特徴をしっかり押さえておけば、運命の1着を決めるときに参考になりますよ!

ウエディングドレスの定番の形と言えば、プリンセスラインです。上半身はスリムですが、ウエストの部分で切り替えがあるのでスカートが大きく膨らんだ形になります。ドレス全体にボリュームがあるので、ゴージャスで華やかな印象になります。

プリンセスラインより高い部分で切り替えが入るドレスはAラインと呼ばれ、プリンセスラインよりも体型をほっそりと見せる効果があり、上品でクラシカルな印象のドレスです。

ボディラインを活かすならマーメイドかスレンダーがおすすめ!

背が高くて、ほっそりとしたボディラインを活かせるドレスもあります。それがマーメイドラインとスレンダーラインのドレスです!マーメイドラインは上半身は身体にぴったりと沿うタイトなデザインで、スカート部分は膝下から広がっているのが特徴です。ウエストからヒップにかけてのラインが強調されるので、女性らしい曲線美を演出してくれます。大人っぽく、ちょっぴりセクシーな印象のドレスです。

スレンダーラインは、全体的にボディラインに沿うような細身のシルエットをしたドレスです。背が高く、細身の人が着ると縦のラインが強調されてより美しく見えます。シンプルで品のあるデザインの物が多いので大人っぽい印象になります。マーメイドラインと比較すると歩きやすいのも特徴です。

ゲストをたくさん呼んで、素敵な写真を撮って、一生の思い出に残る日を作ることができます。2人の理想の結婚式を格安で挙げましょう